トップページ >  女性の脱毛症の種類 >  女性に多いびまん性脱毛症

女性に多いびまん性脱毛症と薄毛の特徴は?

女性の薄毛・抜け毛の特徴

女性で薄毛・抜け毛の方は急増しています。ヘアサロンの女性利用数は、2011年の秋は前年比1.5倍だそうです。

中年・更年期の女性の場合は主にホルモンバランスの崩れが原因の一つで、これはよく知られています。
しかし、最近では20~30代の女性も薄毛や抜け毛で悩まれている方が少なくありません。 ストレスなど生活習慣に関係する乱れが関わっているといわれており、若い女性を中心に薄毛・抜け毛の方が増えているようです。

一般的に男性の薄毛は髪の毛が細くなっていくのに対して、女性は髪の数が減る傾向にあります。 女性の薄毛で最も多い症状は、全体的にボリュームダウンする「びまん性脱毛症」といわれてます。 加齢によって毛母細胞の活動が弱まり、一つの毛穴から出る毛髪の本数が減ることで起こります。

女性の薄毛では、男性のM型やO型脱毛と異なり、頭部の比較的広い範囲で、髪が細くなり、ハリ・コシがなくなり、毛髪の本数も減少します。
50代以上の女性では、成長期の毛髪の割合が減少して休止期の毛髪の割合が増加し、抜け毛が増え、髪の本数が減るのが特徴です。

注意する点として、点M型、O型で選ぶ育毛剤が変わることはありません。薄毛の部位によって、育毛剤を紹介しているサイトがありますが、これは真実とは違います。 M型、O型でも薄毛の原因はかわりなく、現象や対策もまったく同じだからです。 薄毛の部位は、育毛剤選びには関係ないことを覚えておきましょう。

女性の薄毛・抜け毛の特徴

  女性の薄毛では、男性のM型やO型脱毛と異なり、頭部の比較的広い範囲で、髪が細くなる
  50代以上の女性は、休止期の毛髪の割合が増加し、抜け毛が増え、髪の本数が減る



女性の髪は「髪が太いまま」本数が減るわけ

男性の場合は毛髪が細くなって抜けていくのに対して、 女性の場合は太いまま抜けていくことが多いといわれています。 わかりやすくいうと女性は、毛穴から生えている毛髪の本数が減っていくという感じです。

女性の薄毛の場合は、男性のように髪が育たないというわけではないため、 生えてくれば育ちはするのですが、休止期が長くなることで結果的に薄毛になるのです。

男性の薄毛はヘアサイクルの中の成長期が短くなるのが特徴ですが 女性の薄毛は休止期が長くなるものです。 そのため、男性は抜けた毛髪を見ると成長しきれずにやせ細っていることが多く、 反対に女性の抜け毛は成長はしっかりしているので太いまま抜けてしまうのです。

ですから、女性特有のびまん型脱毛症は、毛穴から生えている毛髪の本数が減るため、 頭が全体的に薄くなるというわけです。 もちろん、加齢とともに毛髪はやせ細っていくのでいつまでも太いまま抜けるわけではありません。 1本1本が細くなることで全体的なボリュームがなくなり、びまん型に陥ることも十分考えられます。

女性に多いびまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性に多く見れる症状で、頭皮全体が薄くなる脱毛症です。 「びまん」とは「一面に広がる」という意味を持ち、男性の脱毛症が生え際や頭頂部など局所的なのに対して 頭皮全体が薄くなるのが特徴です。 抜けるというのもありますが、毛髪1本1本が細く痩せてしまい、 ボリュームがなくなることで毛髪が薄くなり地肌が見えるようになります。

びまん性脱毛症の原因は1つに限らず、いくつもの要因が重なって起こることが多いといわれています。 たとえば、加齢と共に毛髪を生成する毛母細胞の働きが弱まり、 新しい毛髪が生えにくくなったり、強いストレスがヘアサイクルを乱し、 抜け毛を促進させたり、頭皮の血行不良を起こします。 また、無理なダイエットによる栄養不足が育毛を妨げたり、 パーマやカラーなど過度なヘアケアが頭皮を傷付け、毛根に大きなダメージを与えることもあります。

ですから、びまん性脱毛症の場合はストレスをできるだけ溜めず、 バランスのよい食生活を心掛け、適切なヘアケアを行うことで改善する可能性が高く、 さらに育毛剤やサプリメントを上手に併用することでよくなることが期待できます。

びまん性脱毛症の改善ポイント


女性でも年齢を重ねてきたら脱毛に悩む方が増えています。 女性が比較的よくなるのは、びまん性脱毛症です。 びまん性脱毛症は40代50代以降の女性には増えている髪の薄毛や脱毛の症状です。 この脱毛症の特徴は、髪の毛全体が薄くなることです。

中でも、頭頂部が薄くなってしまいます。 男性では男性型脱毛症・AGAが目立ちますが、女性ではびまん性脱毛症が年齢を重ねた髪の毛のトラブルでは主な原因です。 何で、女性はびまん性脱毛症になってしまうのでしょうか? 年齢がいくと、髪の毛のヘアーサイクルが乱れてきます。

ヘアーサイクルは、成長期・退行期・休止期の3つの段階を繰り返しながら、健康な髪の毛を作っていく仕組みです。 びまん性脱毛症になったら、髪の成長期の段階にならないで、退行期や休止期が長くなるのです。

ヘアーサイクルの乱れから、新しい髪の毛は生えないし、髪の毛が抜けやすく傷みやすくなってきます。 年齢を重ねてきたら、毛乳頭や毛母細胞の働きが低下してきますし、細胞の1つ1つも老化したり、血行が悪化することから、びまん性脱毛症になりやすいと考えられています。 びまん性脱毛症は年齢以外にも肥満やストレス、病気、ピル、食生活など様々なことが原因になってひきおこされるものです。


50種類の女性用育毛剤の全成分を、髪や頭皮にいい効能で整理して比較しました。詳細はこちら。


女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら