トップページ >  女性の脱毛症の種類 >  女性の薄毛が進む注意する薬

女性の薄毛が進んでしまう注意する薬

経口避妊薬(ピル)で薄毛・脱毛になる可能性(薬剤性脱毛症)

女性の場合、避妊のためだけではなく、女性ホルモンのバランスを整えたり、 月経周期を正常化するために経口避妊薬、いわゆるピルを服用することがあります。 けれども、ピルは女性ホルモンの作用を応用しているため、 薄毛や脱毛を招くことがあるといわれています。

女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類が存在し、 この中の黄色ホルモンである「プロゲステロン」には妊娠を継続させる作用があります。 ですから、妊娠中はこのプロゲステロンが多く分泌されることがわかっています。 ピルにはプロゲステロンが配合されており、服用することで疑似的な妊娠状態になります。 つまり、ピルを服用している間は排卵を抑制することができるため妊娠しないというわけです。

では、なぜ、ピルが脱毛を招くのかというと、副作用として抜け毛を抑える効果があるからです。 プロゲステロンが増加すると毛髪は成長期のままの状態になり、抜け毛が減ります。 けれども、ピルの服用を中止したとたん、それまで成長期にあった毛髪が一気に退行期、休止期に入るため、 抜け毛が増えるのです。

これは、原理的には出産後脱毛に似ており、一時的なものであるため、 それほど心配する必要はありません。 ピルの服用をやめ、数ヶ月もすれば自然に治まってくるはずです。

抗うつ薬で薄毛・脱毛になる可能性

薄毛や脱毛の原因はいろいろありますが、中には病気の治療などで 薬剤を服用したことが要因となる「薬物性脱毛症」というものがあります。 よく知られているものでは抗ガン剤、C型肝炎の治療薬などです。 これらは、攻撃したい細胞よりも、正常に分裂や新陳代謝をしている細胞を阻害するので、 毛髪の成長を促す毛根細胞にも悪影響を及ぼすことで薄毛や抜け毛を増長するのです。

抗うつ剤の副作用による薄毛や脱毛も懸念されていますが、 実のところ、抗うつ剤の副作用としては眠気や口渇、便秘などはよく知られていますが、 薄毛や脱毛については特に医師からも説明はないようです。 ただし、「ジェイゾロフト」という抗うつ剤に関しては確かに抜け毛が増えるという報告は されているので、長期の服用は薄毛を招くこともあるかもしれません。

けれども、それも必ずしも抗うつ剤が原因であるとは限らず、 うつの症状を招いている強いストレスがかなり大きく影響しているとも考えられるのです。 ですから、抗うつ剤を服用すると薄毛になると不安になることが 本当に薄毛を招くことにねなりかねないということです。

ただし万が一、抗うつ剤を服用したことで薄毛になったのであれば、 薬の服用をやめれば改善されるので、まずはうつ病の治療に専念して、少しでも早く 薬がやめられるようにすることが大切ですね。


50種類の女性用育毛剤の全成分を、髪や頭皮にいい効能で整理して比較しました。詳細はこちら。


女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら