トップページ >  女性の脱毛症の種類 >  抗うつ薬で薄毛・脱毛になる可能性

抗うつ薬で薄毛・脱毛になる可能性


薄毛や脱毛の原因はいろいろありますが、中には病気の治療などで 薬剤を服用したことが要因となる「薬物性脱毛症」というものがあります。 よく知られているものでは抗ガン剤、C型肝炎の治療薬などです。 これらは、攻撃したい細胞よりも、正常に分裂や新陳代謝をしている細胞を阻害するので、 毛髪の成長を促す毛根細胞にも悪影響を及ぼすことで薄毛や抜け毛を増長するのです。

抗うつ剤の副作用による薄毛や脱毛も懸念されていますが、 実のところ、抗うつ剤の副作用としては眠気や口渇、便秘などはよく知られていますが、 薄毛や脱毛については特に医師からも説明はないようです。 ただし、「ジェイゾロフト」という抗うつ剤に関しては確かに抜け毛が増えるという報告は されているので、長期の服用は薄毛を招くこともあるかもしれません。

けれども、それも必ずしも抗うつ剤が原因であるとは限らず、 うつの症状を招いている強いストレスがかなり大きく影響しているとも考えられるのです。 ですから、抗うつ剤を服用すると薄毛になると不安になることが 本当に薄毛を招くことにねなりかねないということです。

ただし万が一、抗うつ剤を服用したことで薄毛になったのであれば、 薬の服用をやめれば改善されるので、まずはうつ病の治療に専念して、少しでも早く 薬がやめられるようにすることが大切ですね。






女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

女性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら
Be&(ビアンド)を体験!

人気の育毛剤Be&を使ってみました!

Be&体験レビューはこちら