トップページ >  女性の脱毛症の種類 >  甲状腺機能低下は薄毛脱毛に?

甲状腺機能が低下すると薄毛・脱毛になる


薄毛や脱毛の原因はいろいろありますが、甲状腺の機能が低下することが 原因になることもあります。 甲状腺とは、頸部前面にある内分泌器官で甲状腺ホルモンなどを 分泌する器官のことです。 甲状腺ホルモンは人間にとって大変重要であり、細胞を活性化させたり、 新陳代謝を高めたりする働きを持っています。

甲状腺疾患には甲状腺ホルモンが減少する「甲状腺機能低下症」と 甲状腺ホルモンが過剰に分泌される「甲状腺機能亢進症」がありますが、 薄毛や脱毛を招くのは「甲状腺機能低下症」のほうです。

甲状腺の機能が低下すると、この大切な甲状腺ホルモンの分泌が低下するため、 細胞の働きが極端に低下してしまうのです。 また、甲状腺ホルモンには毛髪の伸長を促す作用もあるため、 低下するとヘアサイクルが乱れ、やがては薄毛を招くことになります。

ただし、甲状腺疾患による薄毛や脱毛は、きちんと薬を服用することで 改善するのでそれほど心配はいりません。 長期的な治療にはなりますが、甲状腺の機能が正常になれば 脱毛も治まりますので諦めずに薬を飲み続けることが大切です。






女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら