トップページ >  女性の脱毛症の種類 >  鉄分の不足が原因の脱毛

鉄分不足の脱毛と女性の鉄欠乏の薄毛の割合は?

鉄分の不足が原因の脱毛

鉄分の不足は貧血を招きますが、圧倒的に男性より女性に多くみられる症状です。 貧血というのは、血液中の赤血球の数が減少している状態のことです。 赤血球は全身の細胞に新鮮な酸素を運ぶという役割をしているため、 これが不足すると細胞が酸欠の状態に陥ります。

一見するとあまり関係がなさそうですが、実はこれが薄毛や脱毛と大きな関係があるのです。 赤血球が不足すると酸素を運ぶ能力が低下し、 当然ですが頭皮にも十分な酸素を届けることができなくなります。

頭皮の毛根細胞が酸素不足になると活動が鈍くなり、自然に毛髪の元気もなくなってしまいます。 そのため、ヘアサイクルが乱れたり、成長期にある髪が細く痩せたり、 本来は抜ける時期ではないのに抜け落ちてしまったりすることで脱毛を招くのです。

健康で元気な毛髪の源はしっかりと毛根細胞や毛乳頭にまで 酸素と栄養が届けられることです。 鉄分不足になるとこの基本ができなくなるのですから、 脱毛になるのも当たり前だといえるでしょう。 特に薄毛が気になる女性は食生活を改善して鉄分を補ってあげるといいですね。

潜在性鉄欠乏による女性の薄毛の割合

潜在性鉄欠乏とは体内に貯蔵されている鉄不足の状態のことで、 血液中の鉄が足りなくなるとこの貯蔵鉄から補われるので、 貯蔵鉄がなくなると補充ができなくなり、やがて鉄欠乏性貧血になるということです。 日本では、成人女性の「1000万人以上」が潜在性鉄欠乏症が言われていて、「20~50%」の人にみられる現象であることを考えると 潜在性鉄欠乏症、いわゆる「隠れ貧血」の人が実に多いことがわかります。

潜在性鉄欠乏は医療では発見できないため、薄毛になったとしても 原因が潜在性鉄欠乏だとは気付かないケースも多いのです。 鉄が不足すると赤血球の働きが弱まり、十分な栄養や酸素を 頭皮に運ぶことができなくなることで毛根細胞の働きが弱まってしまいます。 また、ヘアサイクルが乱れることで毛髪がやせ細ってしまったり、 成長期なのに抜けてしまうため、薄毛に陥ってしまうというわけです。

女性の薄毛の原因別でみると、潜在性鉄欠乏がはっきりと血液検査などで発見できないので 割合はわかりませんが、成人女性の3人に1人にみられることを考えると注意が必要です。 また、他の原因であるストレスや不規則な生活、バランスの悪い食生活、 無理なダイエット、睡眠不足、喫煙など複数の要因が重なっていることも多く、 その中に潜在性鉄欠乏も含まれているのかもしれませんね。


50種類の女性用育毛剤の全成分を、髪や頭皮にいい効能で整理して比較しました。詳細はこちら。


女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら