トップページ >  女性の脱毛症の種類 >  産後ホルモンが原因の脱毛

産後ホルモンが原因の脱毛


女性の脱毛症には出産が原因のものもあります。 女性は妊娠すると女性ホルモン「エストロゲン」の増加により、成長期の毛髪が妊娠前と比べて増えます。 さらに本来なら成長期を終えて退行期、休止期に入るべき毛髪が 成長期を維持したままの状態を続けます。 そのため、一般的に妊娠中は抜け毛が減るのが自然です。

しかし、いざ出産してしまうと、今まで成長期にあった毛髪が 一気に退行期、休止期に入るため、抜け毛が増えて一時的な脱毛を引き起こすというわけです。 ですから、妊娠中に増加していた女性ホルモンが出産後は正常に戻る、ホルモン変化が招く脱毛だといえます。

これは出産を経験した女性の6割以上の人が自覚する脱毛であり、「分娩後脱毛症」と呼ばれています。 一般的にはこの症状は産後6ヵ月から1年で治まるので、それほど心配する必要はありません。 ただし、中にはそれをきっかけに1年を過ぎても脱毛が続く場合もあるようです。

少し長引いているだけかもしれませんが、もしかしたらホルモン以外の原因があるのかもしれないので、 心配な時や著しく脱毛しているときには一度医師に相談してみることをおすすめします。






女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

女性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら
Be&(ビアンド)を体験!

人気の育毛剤Be&を使ってみました!

Be&体験レビューはこちら