トップページ >  年代別の女性用育毛剤選び >  30代女性にいい女性用育毛剤

30代女性にいい女性用育毛剤とは

30歳を超えたころから、女性の髪はだんだん痩せ細っていきます。

女性ホルモンが減りはじめること、自律神経や代謝が不安定になりやすいことが主な影響です。 20代までは保湿と多少の頭皮刺激だけで穏やかに保たれたいた髪も、30代からはそうではなくなります。

カラーリングなどでのパサツキやハネ具合も30代から変わってくるという女性は多いです。 しかし、中には20代と変わらない潤いのあるサラサラヘアを保ったままの女性もいます。

そういった30代女性は、自分の髪がどういう状態になりやすいのか、よく知った上で人知れずお手入れをしています。 お手入れの中でも一番大切なのが、育毛剤での頭皮ケアですね。

20代で多かった「皮脂過剰や男性ホルモン因子」による薄毛は、30代ではほとんど見られません。 皮脂を抑える成分や、男性ホルモン因子抑制成分が、育毛剤の成分に含まれていてもあまり関係ありません。

女性ホルモンが減りはじめ、自律神経や代謝が不安定になりやすい30代では、 頭皮の栄養不足、血流停滞が起こり、毛根の活動が休眠状態に陥りやすいのが特徴です。 毛根の活動が緩やかになると、「髪の毛が細くなる」「つむじ・生え際はの毛量が薄くなる」ような現象が起こり始めます。

毛根の活動が休眠時間が長く続くと、毛根にある毛母細胞はやがて活動を止め、髪を伸ばす成長因子さえなくなってしまうので要注意です。

40代後半で極端に髪が薄い女性にならないためのターニングポイントが30代だといえます。

30代女性にいい女性用育毛剤の成分は、ココをチェックする!


30~40代は20代と比べると頭皮の環境は悪化しがちです。

また、肩凝りなど体内の血行不良が起こり始める年代でもあるため、頭皮の代謝が無意識にどんどんおちていきます。 髪の毛根は毛細血管とつながっているので、肩こりは髪への栄養も滞りがちになります。

30~40代にいい女性用育毛剤なら、血行促進する血管拡張成分に加えて、栄養補給成分、頭皮代謝成分が多く含まれている育毛剤を選ぶのがよいです。

血管拡張+細胞活性(栄養補給)+頭皮の代謝活性の成分を含んだ育毛剤は以下の数個です。
(「血流促進」「細胞活性」「代謝活性」の列が、両方とも"○"か"◎"の女性用育毛剤のみを全商品から抽出)
(成分の詳細はそれぞれの成分評価ページをみてみてください)

この中で、特に成分的に実力が高いのは、
   ・マイナチュレ
   ・花蘭咲(カランサ)
ですね。

花蘭咲(カランサ)はロングセラーですが、マイナチュレは去年くらいから30代を中心に急激にウケているようです。 育毛成分の効能バランスが他と違って一つ抜けているので、しっかりと育毛をしたい30~40代女性におすすめです。


30~40代にいい女性用育毛剤のリスト(「血流促進」「細胞活性」「代謝活性」の列が"○"か"◎"を抜粋)

脱毛
因子
血流
促進
細胞
活性
皮脂
抑制
保湿 炎症
抑制
代謝
活性
雑菌
防止
角質
溶解
酸化
防止
総評


マイナチュレ



花蘭咲(カランサ)


フエリーロゼ ヘアエッセンス


小林製薬アロエ育毛液


資生堂アデノバイタル






女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら