トップページ >  年代別の女性用育毛剤選び >  20代女性にいい女性用育毛剤

20代女性にいい女性用育毛剤


20代の女性の約7割が、自分の頭皮のにおいが気になった経験があるといいます。
イヤなにおいといえば、加齢臭がありますが、20代の頭皮ではそれはありません。 20代の女性の場合、原因がいろいろありますが、だいてい次の2つです。

原因1
若さに加えて、ダイエットや人間関係の変化などのストレスで、皮脂が過剰に分泌して、ニオイがきつくなる

原因2
タバコやお酒、肉食、ファーストフードなどの偏食で、体内に活性酸素がいっぱいになり、ニオイがきつくなる

ニオイは皮脂腺から分泌される皮脂が酸化することで発生します。 対策としては、皮脂の量を抑えること、皮脂自体のニオイの質をよくすることしかありません。 そしてこれらの対策こそが薄毛防止につながります。

原因2の偏食の対策は、食生活を改善するしか方法がありません。20代の頭皮対策が簡単にできるのは、原因1の頭皮の皮脂が過剰分泌のほうです。 コスメにも、皮脂が過剰分泌を抑える抗脂漏成分として、ビタミンC誘導体が有名ですが、頭皮にも同じように抗脂漏成分があります。

20代の若い女性の過剰皮脂対策には、皮脂が過剰分泌を抑える成分=「抗脂漏成分」を含む育毛剤をつかうことが有効です。 さらに、20代の若い女性の薄毛対策の場合、抗脂漏成分に加えて、血行を促進する毛細血管拡張成分が配合されている女性用育毛剤を選ぶとよいです。

20代女性にいい女性用育毛剤の成分は、ココをチェックする!

20代の若い女性の頭皮は、皮脂の量のコントロールが不安定になりやすいのが特徴です。 乾燥肌にもなる人の場合は、皮脂多すぎ→皮脂少なすぎをくりかえしていることもあります。

一時的に乾燥肌になる人の場合は、保湿成分でコンディショニングしたほうがいいです。 女性の育毛剤の場合は、保湿目的のコンディショニング成分は、男性用と違い、基本的にどれも多めなので、あまり気にすることはないでしょう。

まとめると、「皮脂を押さえる成分」+「保湿成分」で頭皮のコンディションを整えた上で、「血行を促進する成分」で、毛根を刺激してあげることが大事。 20代女性の場合は、半年以内の早期に変化が見られる可能性が高いです。

20代の場合は、成長因子の毛母細胞の数自体がまだまだたくさんあるので、頭皮のコンディションを整えて毛根を刺激してあげることで、薄毛や抜け毛はとまります。 20代女性には、皮脂を押さえる成分(抗脂漏成分)、保湿成分、血行促進成分が多めに入っている女性育毛剤がおすすめです。

20代女性にいい女性用育毛剤として、抗脂漏成分が含まれている女性用育毛剤を下にあげています。
(「皮脂抑制」の列が、"○"の女性用育毛剤のみを全商品から抽出)

ラサーナ薬用地肌エッセンス、小林製薬アロエ育毛液あたりは有名ですし、比較的安めの育毛剤です。 薄毛や頭皮のニオイに本気で悩んでる20代女性の場合、もう少し効果を狙った育毛剤がよいです。

この中では、
   ・マイナチュレ
   ・花蘭咲(カランサ)
   ・フエリーロゼ ヘアエッセンス
が、育毛の成分構成のレベルの高いといえるでしょう。

フエリーロゼ ヘアエッセンスは、最近バージョンアップしたものがウケています。 また花蘭咲(カランサ) は比較的40代以降の女性に人気があるのですが、マイナチュレは若い女性にもリピーターが多いのが特徴です。


20代女性にいい女性用育毛剤のリスト(「皮脂抑制」の列が"○"を抜粋)

脱毛
因子
血流
促進
細胞
活性
皮脂
抑制
保湿 炎症
抑制
代謝
活性
雑菌
防止
角質
溶解
酸化
防止
総評


マイナチュレ



花蘭咲(カランサ)



フエリーロゼ ヘアエッセンス


ラサーナ薬用地肌エッセンス



小林製薬アロエ育毛液






女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

女性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら
Be&(ビアンド)を体験!

人気の育毛剤Be&を使ってみました!

Be&体験レビューはこちら