トップページ >  育毛剤の効能成分 >  育毛成分の効果・効能の分類

女性用育毛剤の成分構成と10つの効能~良い育毛剤の選び方は?

女性用育毛剤の配合成分

女性用育毛剤の成分構成は、男性用育毛剤と違って配合成分に特徴があります。
一概に育毛剤といっても、商品によっていろんなタイプがあるので、ある程度の成分の違いはありますが、比較的傾向があるのが女性用といえます。
男性用育毛剤の成分構成と比べると、女性用育毛剤の成分構成の特徴はいくつか違いがありますが、 もっとも顕著な違いは、男性ホルモン抑制剤と保湿成分の配合の違いでしょう。

男性ホルモンが薄毛や抜け毛の原因になっていることは有名な事実ですが、女性は男性ホルモンを少量しか持ちません。 しかし、最近では女性でも、男性の1/3程度の男性ホルモンを持つ方も増えているので、女性用育毛剤にも男性ホルモン抑制剤が配合されるケースが増えています。 女性も男性ホルモンが原因で薄毛になる方がいらっしゃる事例があるようです。

また、女性用育毛剤は保湿成分が多めです。これは女性は頭皮の肌が男性より弱く、頭皮環境を整える目的にした育毛剤が多いためです。 全体的に肌にやさしい植物エキスで構成されているものが多く、頭皮の血行促進、代謝、抗菌、抗酸化などは個別の育毛剤で特徴があるようです。

配合成分をみて、目的の効能がなんなのか確認することが大事です。
女性用育毛剤の配合成分の特徴

  男性ホルモン抑制は少し
  保湿成分は少ない
  頭皮環境改善型がほとんど
  植物エキス成分が多い



育毛成分の効能は10種類

一概に育毛といっても、いろんな役割があります。 髪の毛の土壌となる頭皮を修復したり、守ったり、活発にしたりとさまざまです。 具体的には育毛成分の効能は、だいたい10つの効能に分けられます。

10というのはそれぞれ、脱毛因子(男性ホルモン抑制)、血流促進、細胞活性(栄養補給)、皮脂抑制、頭皮保湿、炎症抑制、代謝活性、雑菌防止、角質溶解、頭皮の酸化防止です。 効能の詳細な説明は、成分も併せて、各ページに記載しています。 育毛系のヘアケア用品は、効能のカバーレッジがどのくらいあるかで何を期待できるかがわかります。

含まれている成分がこの10の効能のうち、どれほど満たしているかをみればいいのです。

中には、効能の1つのみ集中的に配合された商品もあるかもしれませんが、育毛自体、上記10の効果がそろって何倍にも育毛の相乗効果で出るものですので、 やはりそれには効能バランスが大切ということです。

育毛系のヘアケア用品を買う際には、こういう観点でチェックできるといいです。 当サイトでも、商品や成分を多くチェックしているので参考にしてみてください。

育毛成分の効果・効能の分類

  育毛成分の効能は、10つの効能に分けられる
  脱毛因子(男性ホルモン抑制)、血流促進、細胞活性(栄養補給)、皮脂抑制、頭皮保湿、炎症抑制、代謝活性、雑菌防止、角質溶解、頭皮の酸化防止の10の効能



当サイトでは、育毛成分の効能カバー率を重視して、育毛剤を評価しています。 たとえば、ある育毛剤について、以下のように全成分を効能で分類することで採点しています。

気になるヘアケア商品がある場合は、それぞれの効能表を確認してみてください。

育毛剤Aの成分分析(例)
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 センブリエキス、 ニンジンエキス
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する
保湿剤 頭皮の水分保持 みかんエキス、 宮内イヨカンエキス、 甘夏柑エキス
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 グリチルリチン酸
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制

50種類の女性用育毛剤の全成分を、髪や頭皮にいい効能で整理して比較しました。詳細はこちら。

女性の薄毛に効果的な育毛剤って?

女性の薄毛に効果的な育毛剤を選ぶにはコツがあります。
ヘアケア用品は成分構成が全てを決まることはたくさん説明していますが、薄毛に効果的な育毛剤にはいくつかポイントがあります。

育毛剤の育毛成分は、効能バランスの大きいものがベストです。10種類の効能のうち、配合成分がどれだけカバーできているかがポイントです。 育毛成分の効能は、男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化の10つの効能に分けられます。 含まれている成分がこの10の効能のうち、どれをカバーしているかによって育毛剤の価値が決まります。

最近では、育毛作用を働くようにつくられた機能性成分も注目です。これらは特許申請をしているケースがほとんどです。 当サイトの鑑定では、育毛成分の効能で育毛剤を評価しています。

育毛成分は、効能バランスの大きいものがベストです。10種類の効能のうち、配合成分がどれだけカバーできているかがポイントです。 中でも育毛成分の効能カバーが大きく、値段も高すぎないものがコストパフォーマンスがよくおすすめです。 このサイトではこの指針にそって評価採点しているので、参考にしてしてみてください。

女性の薄毛に効果的な育毛剤

  育毛の効能のカバーが大きい
  コストパフォーマンスの高いもの



良い育毛剤の選び方(女性用)

育毛剤の効果を決めるのは成分です。
洗髪の洗い上がりの良さを決めるは、育毛剤に含まれる配合成分です。 育毛剤を特徴づけるのは、商品の配合成分がすべてです。 有名なヘアケア用品はCM効果の影響で、なんとなくフサフサになるようなイメージが大きいですが、イメージは商品と関係しません。 やはり配合成分こそ、商品の品質の全てなのです。

CMやラベルの宣伝広告に惑わせれては、よい育毛剤なのか判断ができませんね。 一番大切なことは、必ず、育毛剤の配合成分を確認することです。 そして、配合成分から効能の主系統、育毛成分の効能を把握すること。 配合成分がある程度よいものをつかっていることがわかれば、最終的には「効能のバランスがいい」かどうかを確認しましょう。 「効能のバランスがいい」の良さがわかるまでには、非常に知識と時間がかかりますが、このサイトではそれを紹介していますので参考にしてみてください。

育毛剤の配合成分は、最近ではWEB上に表示している商品がほとんどです。 しかし、大手の商品や市販の商品は、成分をWEB上で公開していません。大手や市販の商品は店舗で手にとり、配合成分を確認するしかないでしょう。

配合成分こそ品質そのものなので、よい成分を使うと当然コストに跳ね返ります。 市販の安価な育毛剤は、いうまでもなく"ある程度の成分"しか配合されていない点は理解しましょう。 配合成分と商品の価格帯のバランスで、コストパフォーマンスを見ることがよい育毛剤選びのポイントです。

ほんとうに配合成分がよい育毛剤を選ぶなら、女性なら3000円以上、男性なら4000円以上のものを選びましょう。 商品にもよりますが、育毛剤の配合成分の良し悪しは、価格も大きな要素です。

良い育毛剤の選び方のポイント

  CMやラベルの宣伝広告に惑われない
  育毛剤の配合成分をみて、「効能バランスがよい」ものを選ぶ
  女性なら3000円以上、男性なら4000円以上の育毛剤を選ぶ



50種類の女性用育毛剤の全成分を、髪や頭皮にいい効能で整理して比較しました。詳細はこちら。


女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら