トップページ >  育毛剤の効能成分 >  頭皮にいい角質を溶解する成分

女性用育毛剤に含まれる頭皮の角質を溶解する成分・角質フケにいい女性用育毛剤

頭皮にいい角質を溶解する成分(角質柔軟)


角質溶解成分とは、角質柔軟成分とも呼ばれ、肌の角質になじみ柔軟にする効果を持つ成分のことです。 古い角層のたんぱく質ケラチンを部分的に分解し、取り除いたり、角層細胞同士の接着構造を弛めることで柔軟にします。

化学成分的には、たんぱく質の分子構造を部分的に分解して緩めたりする酸やアルカリが主体です。 その他、たんぱく質を分解するタンパク分解酵素も含まれます。

もともと角層の構造を強靭に保つたんぱく質の働きに作用するので、強く働かせると正常な角層のバリア機能を失い、肌トラブルを起こす危険性もあります。 現在では、安全性が高い角質柔軟成分がほとんどです。

角質溶解成分に応じて濃度と量を適量使うことが大事です。 美容医療で使われるケミカルピーリングは、角質溶解成分が使われていますが、医療行為として適切に管理されています。

頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。頭皮には保湿も必要ですが、フケにはまず頭皮の角質を膨潤させてから軟化させるのが効果的です。
頭皮を柔らかくすることは、フケを予防するだけでなく、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもよく、脱毛予防につながります。



頭皮を柔らかくする代表的な成分

ヨクイニンエキス、サリチル酸、レゾルシン、、ホップエキス乳酸、エビネエキス、トレハロースなど



角質・フケに悩む方向けの女性用育毛剤


フケ・かゆみが多くて困っている女性は、育毛シャンプーを選ぶ際には、保湿成分と角質溶解成分をチェックしてください。
フケと元となる角質のコンディションを整える成分は、角質溶解成分cといって、角質を膨潤させてフケを予防します。

女性の場合は、乾燥で角質層がはがれ落ち、かゆみをともなって頭皮の状態が悪くなることが多いです。 乾燥とフケの関係も一つの特徴ですので、角質溶解成分以外にも、保湿成分で頭皮に潤いを与えてあげることが大切です。

血行促進系の育毛剤より、頭皮環境の改善系の育毛剤のほうが向いているといえるでしょう。
保湿成分と角質溶解成分の両方が配合されている女性向けのシャンプーをリストをまとめました。
(「保湿」と「角質溶解」の列が、両方とも"○"か"◎"の女性用育毛剤のみを全商品から抽出)

この中でフケ・かゆみ予防に期待できる育毛剤は、ダントツで「花蘭咲(カランサ)」です。 花蘭咲(カランサ)の主力成分のエビネ蘭のエビネエキスは、フケ・かゆみを抑える効果が高い成分です。 フケ予防に向いているだけでなく、育毛の効能も大きく、他より実力がある育毛剤といえます。

成分について、成分評価ページを参照してください。


角質・フケに悩む女性用育毛剤のリスト(「保湿」「角質溶解」の列が"○"か"◎"を抜粋)

脱毛
因子
血流
促進
細胞
活性
皮脂
抑制
保湿 炎症
抑制
代謝
活性
雑菌
防止
角質
溶解
酸化
防止
総評


花蘭咲(カランサ)


ピュルサンベルファム



50種類の女性用育毛剤の全成分を、髪や頭皮にいい効能で整理して比較しました。詳細はこちら。


女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら