トップページ >  > 30代女性の薄毛・抜け毛の原因と育毛対策まとめ

30代女性の薄毛・抜け毛の原因と育毛対策まとめ

薄毛の30代女性の割合

30代女性の薄毛の原因と対策まとめ
若い時には、将来自分の髪の毛が薄くなったりはげてしまうことには全く考えがいかないかもしれません。 30代以降になったら、女性でも薄毛やハゲのお悩みは深刻なものになるのです。AGAクリニックの調査では、 30代女性になったら、15%前後の女性が薄毛やハゲが気になります。 30代になったら、自分の周辺でも髪の毛の育毛のお悩みがあるので、自分も将来はげてしまうのではないかと不安に思う女性が目立つようになります。

30代の女性は、妊娠・出産を経験する方が多いです。 妊娠・出産をしたら、女性ホルモンのエストロゲンのバランスが大きく乱れてきます。 そのせいで、「妊娠期脱毛症」や「妊娠後脱毛症」に悩む女性が多いのです。 妊娠中や妊娠後には、薄毛やハゲに悩む女性の割合は目立って多くなってきます。

ある調査によりますと、妊娠・出産を経験した女性の半数以上が、「妊娠期脱毛症」や「妊娠後脱毛症」に悩んだ経験があるそうです。 女性の髪の毛は、エストロゲンなどの女性ホルモンが司って、健やかな髪の毛をキープできるのです。 妊娠・出産、また月経異常などの女性独特の体の変化があった時には、髪の毛が抜けたりする薄毛のトラブルがよくおこってきます。

30代女性の薄毛・抜け毛の原因と育毛対策まとめ

まだ30代なのに、なぜか毛が薄くなっているような気がする、そんなお悩みをよく聞きます。年をとると女性も髪の毛がうすくなっていきますが、30代ではまだ早いですよね。
30代の女性が薄毛になってしまうのには原因があります。

薄毛・抜け毛は日頃の育毛対策で良くなっていくことも多いです。
また、あまり抜け毛がすすむと回復するのも大変になってきますので、なるべく早く対策をとることが大切です。

自分でできる育毛対策をまとめてみましたので、薄毛・抜け毛でお悩みの方はもちろん、そうでない方も予防として実行してみてくださいね。

原因を把握して早めに対策をとり、すてきな髪の毛を保ちましょう!

30代女性の薄毛の原因まとめ

30代のうちから抜け毛が増えると気になってしまいますよね。まだ30代なのに、薄毛になってしまうのはどうしてでしょうか?
じつは、30代女性に特有の薄毛になる原因が6つもあったんです。

女性ホルモンの分泌量減少

30代の前半と後半で大きく違うことは、女性ホルモンの分泌量です。

女性ホルモンには毛髪の成長を促す働きがあるのですが、30代後半になってくると女性ホルモンを分泌する卵巣の衰えが目立ってきますので、女性ホルモンの分泌量が徐々に減少していきます。

こうなると毛髪の成長促進効果が薄れてきますので、薄毛になりやすくなってくるのです。

また、意外と知らない人も多いでしょうが、女性の体内でも男性ホルモンは分泌されています

これはAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)が女性の体内にも存在することを意味しています。

実際、女性ホルモンの分泌量減少によってAGAが引き起こされ、これが薄毛の原因になっていることもあるのです。

一般的には女性の体内に存在する男性ホルモンはごく微量であるため、ほとんど発症することはありません。
しかし、加齢などの要因により女性ホルモンの分泌量が減少してしまうと、女性であっても体内の男性ホルモンが優位になって、女性男性型脱毛症(FAGA)が発生するのです。
びまん性脱毛症は、部分的ではなく毛髪全体が薄くなるのが特徴です。目に見える症状が出るまでに徐々に進行するので気づきにくく、症状が悪化してしまうことが少なくありません。男性型脱毛症(AGA)の女性版でもあり、別名「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも言います。

過剰なダイエットによる栄養やホルモンの乱れ

30代といえばまだまだキレイに見られたいという人も多いですから、ダイエットに励んでいる人もおおいでしょう。
また、出産によって太ってしまったことを気にしている人が多いのも確かです。

ただ、過剰なダイエットは薄毛の原因になってしまうこともあるのです。

それはタンパク質や亜鉛、ビタミンB群といった髪に必要な栄養分が不足してしまうからです。

また、過剰なダイエットによる体への負担は、女性ホルモンの分泌量の減少にもつながります。
30代はそもそも女性ホルモンの分泌量が減少期に入っていますが、ダイエットがそれに拍車をかける形になってしまうというわけです。

パーマや紫外線などによる頭皮環境の悪化

頭皮は毛髪にとって畑のようなものですから、頭皮の環境が悪化すれば毛髪の成長にも影響が出てしまいます。

繰り返しますが30代は女性ホルモンの分泌量が徐々に減少していますので、頭皮の悪化は毛髪の成長により大きな影響を与えます。

例えばパーマや染色などは、頭皮に大きなダメージを与える原因になります。
不適切な洗髪や化学成分が含まれている洗髪剤も、頭皮環境の悪化につながります。

また、強い日差しを浴びることで、紫外線が頭皮にダメージを与えることもあります。

新陳代謝が盛んな若いころにはダメージが表面化しないこともあります。
ただ、そうしたダメージは確実に蓄積しており、新陳代謝が衰え始める30代になって表面化してくるのです。

皮膚常在菌による頭皮環境の悪化

30代女性におこる抜け毛の原因として最近報告されているのが、皮膚常在菌の異常発生です。
頭皮には様々な菌が存在しているのですが、中でも真菌に分類されるマラセチア・フルフルが大量に発生してしまうとフケや抜け毛の原因となってしまいます。

フケを放置してしまうと、正常な頭皮の状態をキープすることが困難になり、髪を守るためのバリア機能が低下してしまうことになるのです。

また真菌が頭皮に大量発生することで強いかゆみが生じることも判明しており、そのために頭皮を掻き過ぎて傷をつけてしまう可能性も指摘されているのです。

頭皮に負担をかける髪形による牽引性脱毛症

例えばポニーテールのように、結わえる髪形を好んでしていることはありませんか。
こうした髪形を続けていると、髪が常に引っ張られるような形になってしまい、頭皮にダメージが蓄積してしまいます。

これによって「牽引性脱毛症」が引き起こされ、薄毛の原因になってしまうのです。
オシャレにこだわる気持ちは分かりますが、薄毛の原因になってしまう髪形は考え物です。

また、ヘアセットするときに強く髪をブラッシングしてしまうなど、毛穴に対する刺激が強すぎて結果的に抜け毛や切れ毛の原因を作ってしまっていることもあります。

30代特有のストレス増加

30代になると、働いている人は社会の中で一定の役割を果たさなければならなくなってきますので、ストレスは相応に増加していきます。

主婦も子育てのためストレスが増大していきますし、子供がいない人はそれ自体がストレスの原因になるでしょう。

こうしたストレスによって、自律神経のうち交感神経の働きが活発になります。交感神経には末梢血管を収縮させて血流を悪化させる働きがあります。

もちろん、頭皮も例外ではありません。

血流悪化によって毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、毛髪の成長が妨げられ、薄毛・抜け毛が進行してしまうというわけです。

また、交感神経には男性ホルモンの分泌を増加させる働きもありますので、ホルモンバランスを崩す原因にもなります。

ストレスは、円形脱毛症につながることもあります。
円形脱毛症は広範囲におよぶ場合もあるので、ひどい場合は円形脱毛症が悪化したものである可能性も考えられます。

お酒・喫煙などの生活習慣や乱れ

今、30代から40代の女性が、髪の毛が少なくなったり抜けてしまうお悩みを抱えています。 この10年くらいで、30代~40代の中年女性の薄毛のお悩みが多くなっているのです。 では、その大きな原因は何でしょうか?

30代~40代の中年女性の薄毛が増えた理由でよくいわれるは、女性の生活環境が乱れてきて、生活パターンが正しくない方が多いからです。 以前だったら、髪の毛が薄くなったり抜けてしまうお悩みは、男性が多かったのですが、今は男性と同じように女性でもお悩みを抱えています。

その中で、美容の専門家もよく指摘をするのは、女性が男性と同じようにタバコを吸うことです。 タバコを吸うことはいいことは何もなくて、健康にも美容にも害が大きなものです。

30代~40代の中年女性で、若かったときからタバコを吸っていた方は髪の毛の薄毛や抜け毛につながっていきます。 また、タバコの害だけではなくて、毎日たくさんのお酒を飲む生活習慣でも、女性の薄毛や抜け毛の大きな原因になってしまうのです。 このように、女性の生活習慣が若い時から男性化してきたことが、30代~40代の中年女性の薄毛や抜け毛につながってしまうと考えられています。

30代女性の薄毛の対策まとめ

30代女性の薄毛の原因と対策まとめ 30代女性は、髪型による頭皮のダメージや栄養不足などが薄毛の原因になってしまいます。
しかし、対策をすることで予防することもできるのです。薄毛や抜け毛を減らして美しい髪の毛を保つために、5つの薄毛対策を参考にしてみてください。

大豆イソフラボンを摂取する

繰り返し書きますが、30代は女性ホルモンの分泌量が減少する時期ですので、20代と比較するとホルモンバランスが崩れやすくなっています。

ホルモンバランスを整えるためには、女性ホルモンの働きを何らかの形でサポートしてあげればいいのです。

大豆イソフラボンは、分子構造が女性ホルモンに似ていますので、女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があります。
女性ホルモンの働きが強くなれば毛髪の成長が促されますので、育毛対策になります。

また、女性ホルモンの働きを強めることはDHTの働きを抑えることにもつながりますので、AGA(FAGA)の進行抑制による薄毛・抜け毛対策にもなってくれます。

無理なダイエットは控え、タンパク質を積極的に摂る

女性としてスリムでいたいという気持ちは良く分かるのですが、薄毛の原因になってしまっては意味がありません。せめて、毛髪の成長に必要な栄養分ぐらいはしっかりと摂取しましょう。

毛髪の原料となっているのはケラチンというタンパク質ですが、このタンパク質を体内で生成するためにはシスチンというアミノ酸が必要です。

このシスチンはカツオやカシューナッツなどに多く含まれていますので、積極的に食べるようにしましょう。

このほか、ケラチン生成に必要な亜鉛、毛髪の成長を促進させるビタミンB群も十分に摂取する必要があります。

システインとシスチンとは体内で相互変換されるので、シスチンを含んだ食べ物を食べれば、間接的にシステインを摂ったことになります。

頭皮にダメージを与える行為は控える

上にも書きましたように、30代になると20代のときよりも頭皮環境が毛髪の成長に与える影響は大きくなります。
頭皮に若いころからのダメージが蓄積しているケースでは、ちょっとした刺激でも頭皮環境の悪化につながります。
頭皮への刺激に対しては、これまで以上に慎重になりましょう。

パーマや染色を控え、毛根を引っ張ってしまうような髪形を変えることで、頭皮へのダメージを抑えられるでしょう。

また、セットの際にヘアワックスやヘアスプレーの使用を控えめにすることが必要です。
必要最低限の量でセットし、その日のうちにしっかり落としましょう。
頭皮が皮脂不足にならない程度の適度な洗髪を行うことも必要ですが、その際には化学成分が含まれていないシャンプーやトリートメントを使用するといいでしょう。

フケが出ている方は、専用のフケ対策シャンプーを使うのもいいですね。

また、紫外線対策としては帽子が有効ですが、被りすぎると蒸れて頭皮にダメージを与えますので注意が必要です。

頭皮環境を整えるためには、育毛剤を上手に利用することもおすすめです。

ストレスを上手に解消する

ストレスが薄毛の原因になってしまうのは上に書いた通りですので、ストレスをいかに解消するかが薄毛解消のカギになります。ストレス解消は、血流を良くしてくれる副交感神経の活性化につながるからです。

仕事で忙しいのは分かりますが、たまには女子会などでストレスを解消するのもいいでしょう。
子育てで忙しい人は、思い切ってパートナーに世話を任せてしまう日を作ってもいいでしょう。

適度な運動で血行をよくする

仕事にしろ育児にしろ、多忙な人が陥りがちなのが運動不足です。

運動不足は心肺機能の低下につながり、血流悪化の原因になってしまいます。

適度な運動は心肺機能をアップさせてくれますので、血流を良化させ、薄毛の防止につながってくれます。

付け加えると、適度な運動はストレス解消にもつながります。心肺機能アップとストレス解消という、血流良化の相乗効果が狙えるというわけです。

30代女性の薄毛対策としての女性用育毛剤の選び方

最近では、30代の女性でも育毛剤を使用する人が増えてきています。

30代女性の薄毛対策のためには、髪の毛の栄養不足を補うために栄養補給効果の高い女性用育毛剤がおすすめです。

栄養補給効果の高い成分にはいろいろありますが、中でも最近になって注目されている成分は、北海道ミツイシコンブです。

北海道ミツイシコンブは、海藻由来の育毛剤成分で、髪にやさしく、髪を育てながら抜け毛も予防できるというすぐれものです。
北海道ミツイシコンブには保湿効果もあり、髪の毛の気になる30代女性の薄毛対策にとても効果があります。

また、髪の毛や頭皮のダメージは薄毛の原因となってしまいますので、女性用育毛剤を使うのであれば保湿効果にも注目したいですね。

パーマや染色を控え、毛根を引っ張ってしまうような髪形を変えるなどの工夫をしつつ、保湿効果の高い育毛剤を使うことでより高いダメージケアができます。

北海道ミツイシコンブには保湿作用も認められているので、ダメージケアをして薄毛対策をするにはなくてはならない成分です。

このほかにも、保湿効果が高い成分には、ヒキオコシエキス、 ボタンエキスなどがあげられます。

育毛剤の成分にもいろいろありますので、30代女性の薄毛対策としては、栄養補給効果と保湿効果の高い成分の入った育毛剤がおすすめです。

女性に人気の育毛剤「マイナチュレ」にも、栄養補給の成分として北海道ミツイシコンブが入っています。

保湿効果を高めるために、北海道ミツイシコンブのほかにも、ボタンエキス、 ヒキオコシエキスなどがが入っていて、髪にやさしく、30代女性の薄毛対策としてはとても効果の高い女性用育毛剤といえるでしょう。
頭皮の血行促進効果が高いのもうれしい効果です。

当サイトでは、20種類以上の女性用育毛剤の成分を、効能ごとに分類して比較しています。

マイナチュレ以外にも多数の育毛剤を成分で採点しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【栄養補給成分】【保湿成分】配合の育毛剤が一目で探せる一覧表はこちら。

30代女性の薄毛対策にいいシャンプーの選び方

育毛剤を使う前に、頭皮に優しいシャンプーを使えば、より育毛効果を高めることができます。

いくら育毛剤で栄養を与えても、その前段階である洗髪によって頭皮や髪を傷めてしまっていては意味がないからです。
また、シャンプー自体に育毛効果のある成分を使っているものも多いので、シャンプーだけでも効果を発揮できることもあるようです。

30代の方には、アミノ酸シャンプーが非常におすすめです。

アミノ酸は、肌に優しい洗髪成分として知られています。頭皮の油分を必要以上に流してしまうことがないので保湿力が高いうえ、髪の栄養となる成分でもあります。

ただ、せっかくアミノ酸を使っていても、他に髪に良くない成分を含んでいるシャンプーもあります。
刺激の強い化学成分をアミノ酸と一緒に配合して、「アミノ酸シャンプー」と名乗っているものです。

こういったシャンプーは、頭皮環境のさらなる悪化につながる可能性がありますので、避けることをおすすめします。

抜け毛対策にいいアミノ酸シャンプーを選ぶなら「アミノ酸」という言葉に惑わされずに、全成分とその効能をチェックすることが大切です。

本記事の姉妹サイトでは、20種類以上のアミノ酸シャンプーの成分を効能ごとに分類して比較しています。

【良いアミノ酸洗浄剤】【刺激の強い化学成分なし】のアミノ酸シャンプーが一目でわかる一覧表はこちら。


30代女性の薄毛にいい女性向け育毛サプリメントの選び方

薄毛を内側から解決する手段として、サプリメントもあります。
いくら外側から対策しても、抜け毛体質が変わらなければいたちごっこになっていまいます。

髪に必要な栄養をしっかり摂取して、強い髪をつくれる体質に改善していくことも大事です。

体質改善には食事が第一ですが、サプリには普段口にしないような貴重な育毛成分も含まれていますし、 育毛に最適なバランスで配合されているので、サポートとして取り入れるのがおすすめです。

育毛サプリは女性専用でなくても大丈夫なので、女性用か男女兼用で、髪にいい栄養素が多いサプリを選びましょう。

ただ、男女で髪に必要な成分は違います。女性の場合、「男性ホルモンを抑制する成分」は育毛に関係ありません。

男女兼用の育毛サプリの場合、男性向けにそういった成分の凄さをアピールしているサプリもあるのですますが、女性はそれよりも他の作用に注目してみてください。

女性向け育毛サプリを選ぶなら、成分のバランスがよいものがベストです。

サプリの成分を見てみると、それぞれ違う効果を持っています。「血行改善」「頭皮の栄養補給」「新陳代謝アップ」など、女性の薄毛の主な原因に合わせた配合がなされています。

薄毛の原因は人それぞれ違い、自分一人で断定することは難しいです。
ですからここは、幅広い原因に対応できるサプリを選んでおくのがおすすめです。

本記事の姉妹サイトでは、多くの種類の女性向け(男女兼用)育毛サプリを成分の効能で比較しています。

【成分バランス】に優れたサプリが一目でわかる比較表はこちら。

まとめ

30代の女性は、特に髪の毛の状態が気になる年齢ですが、栄養素が不足したり、髪の毛や頭皮にダメージが多いと薄毛の原因となってしまいます。

ホルモンバランスの乱れも髪の毛には良くありません。過剰なダイエットを避けたり、ダメージケアの工夫をとりいれながら、美しい髪の毛を保っていきたいですね。

洗髪のあとに、薄毛対策効果の高い育毛剤を使用してマッサージをすることで、血行もよくなり、より高い効果が得られますよ!
女性用育毛剤を採点!

人気の女性用育毛剤を徹底して成分鑑定しました!

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら