公開日:2018/01/19

変化に気づいたら、早めに育毛剤を使ったほうがいいワケ

男性だけではなく、女性でしかも20~30代の若い女性にも薄毛で悩む人が増えています。 食生活や生活習慣、間違ったヘアケアなど、その理由はさまざまですが、 もし薄毛に悩んでいるのなら、早めの対策をおすすめします。

「20~30代で育毛剤なんてまだ早い」と思っている人も多いかもしれませんが、実はすでに多くの女性が使っているのです。 確かに以前は育毛剤と言うと独特のにおいがあったため、使いにくいものでしたが、 今では無臭のものも多いので周りに気付かれる心配もありません。

また、20~30代の女性はダイエットやストレスなどで皮脂が過剰に分泌したり、 欧米化した食生活や偏食で皮脂自体の質が悪くなりやすいといわれ、それが頭皮環境を悪化させ、薄毛を招くのです。 ですから、育毛剤を積極的に使用し、頭皮環境を改善することが大切ですね。

つまり、20~30代の女性に育毛剤をおすすめする理由は、その後の40代、50代を丈夫なふさふさの髪で過ごすためなのです。 中には、「まだ30歳だから・・・」と育毛剤を使うことに抵抗を感じている人もいるようですが、 少しでも抜け毛が増えた、髪に元気がないなど思い当たることがあれば、迷うことなく使用しましょう。 なぜなら、薄毛はある日突然始まるものではないからです。

始めはなんとなく抜け毛が増えたと感じる程度でも気付いた時にはかなり進行していることも少なくありません。 AGAクリニックの全国調査でもわかっていることですが、 『抜け毛の回復は、対策が早いほうが効果が断然高い』ということだけは覚えておいて損はないと思います。 異変を感じた時にきちんと対応しておくことで、進行を食い止められる可能性が高くなります。



男性と女性で薄毛の原因は違います

薄毛に悩むのは男性ばかりでなく、女性にとっての大きな問題ともなっています。 しかし一口に薄毛と言ってもその原因は様々であり、特に男女間では薄毛のメカニズムも大きく異なっています。

まず男性の場合では、男性ホルモンが増加したり、皮脂が過剰に分泌されたり、あるいは遺伝の影響を受けることが薄毛の原因となります。 そのため、男性用の薄毛対策用のシャンプーなどでは、頭皮の汚れや詰まりを除去する成分が多く含まれる特徴があります。

一方で女性の場合は、男性とは逆で女性ホルモンが減少することや、パーマやカラーリングによって生じたダメージ、 あるいはストレスなどにより、髪が細くなることによって薄毛を招いてしまうケースが多くなっています。

男性の薄毛は一度抜け落ちてしまうと新しい髪が生成されにくくなってしまうメカニズムを持ちますが、 女性の場合では新しい髪が生えやすく、頭皮のお手入れや食生活など生活習慣を改善させることによって、再び健康的な髪が生まれてくることがほとんどです。

このように、同じ薄毛でも男女ではその原因やメカニズムが異なるため、対処方法も大きく異なります。

したがって、女性が男性用の育毛シャンプーを利用しても効果を期待することはできませんし、かえって頭皮を傷めてしまう可能性すらあるのです。

女性の薄毛とホルモンバランスの関係

女性の薄毛は、ホルモンバランスが崩れたことが原因のことも少なくありません。

このホルモンバランスは、若い人でも無理なダイエットを行った所為で充分に栄養を採らなかったことで崩れてしまったり、喫煙や飲酒によっても崩れてしまうことがあります。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、毛根に充分な栄養が送られなくなってしまったり、毛穴からの分泌物が増えてくることで薄毛の原因になってしまいます。

また、女性は40代前半から50代に掛けて、更年期の時期に入ります。この時期になると、体調面で様々な不調が現れることが多くなり、このような症状が続くことを更年期障害と言います。

更年期障害は、ホルモンバランスが崩れてしまったことが原因で起こります。この時期には女性は閉経を迎えることが多く、それに伴って女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加してくることで男性のように毛深くなってしまったり、薄毛になってしまうことがあるのです。

ホルモンバランスが崩れてしまった原因が無理なダイエットや喫煙、飲酒だと思われる場合、それらに注意をすることで改善することができます。

更年期が原因の場合はホルモンバランスが安定してくるまでの辛抱になります。あまりに症状が酷い場合には医師に相談することも考えてください。

ホルモンバランスが崩れたことが原因だと考えられる薄毛には、その改善を行うことが一番の対策です。 特に若い人の場合、ヘアケアを行いながら、食生活を含めた生活習慣を見直すことで、すぐに快方に向かうことも少なくありません。

このサイトでも、女性の薄毛対策にいい女性用育毛剤を、配合成分で調査して比較評価しているので参考にしてみてください。

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気50種類の中で、ベストの成分の女性用育毛剤はコレ!一目でわかる成績表はこちら


女性用育毛剤の成分構成の特徴

女性用育毛剤は、男性用の育毛剤と全く違う成分で構成されています。女性用として販売されているものは、天然成分が主体となっていて、草花から採取されている成分が多くなっています。

男性用育毛剤は人工的な成分が多く使われていますが、女性用育毛剤は天然成分を主体にしており、ボリュームアップや髪の質を変化させるために利用することが多くなっています。

人工的な成分の代表格とされているのは、ミノキシジルになります。この成分は、男性の育毛には非常に効果的ですが、女性の場合は体毛が濃くなってしまうことを懸念して、利用することが非常に難しい成分となっています。

どうしても濃くなってしまうと、また脱毛などの方法を利用して綺麗にしなければならないので、あまり利用したくない方法でもあります。そのため女性用は、副作用の多くないものが採用されているのです。

男性用とは違い、女性用に使われている成分は優しい物が多く、強力なものを使ってしまうことで問題になることがあまり無いです。安心して利用したいと思っている人のためにも使いやすく、頭皮にも影響が出にくいところがメリットとなっています。


女性用育毛剤は、人気ランキングより、配合成分を見て選ぶのが正解です

たくさんの女性用育毛剤の中から1つを選ぶなら、必ず配合成分を見てから決めましょう。

育毛成分は10種類の効能に分類されます。

育毛剤に含まれる「1つ1つの成分」が何の効能かわかれば、女性用育毛剤の実力がわかります。このサイトでは、多くの女性用育毛剤を成分評価しています。


人気の女性用育毛剤を10項目で徹底評価しました

上記の比較表のように、女性の育毛剤の全成分を効能で分類して採点しています。「左列のボタン」を押せば、各育毛剤の成分が何かわかります。 育毛成分の効能カバー率を重視して、徹底して成分鑑定しているのが当サイトの特徴です。

女性用育毛剤を選ぶポイント
頭皮と髪に栄養を届ける成分(血管拡張、栄養補給)が多く入っている
頭皮の環境を整える成分(保湿、消炎、頭皮代謝、角質溶解)をカバー
脱毛を予防する成分(男性ホルモン抑制、抗脂漏、抗菌、抗酸化)がある

人気50種類の女性用育毛剤を、男性ホルモン抑制・血行促進・栄養補給・消炎・保湿・角質溶解・抗酸化の10項目の育毛効果で評価しました!

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評


マイナチュレ



花蘭咲(カランサ)


ライオン フルリア


長春毛精


Be& (ビアンド)


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

小林製薬アロエ育毛液


薬用ハリモア


ラサーナ薬用地肌エッセンス


ベルタ育毛剤


レディース加美乃素


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

花王 髪を育むスプレー


DHC薬用美髪根エッセンス


レディース毛乳源


ピュルサンベルファム


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

髪美(ハツビ)


資生堂アデノバイタル


リフレ 夢美髪


スカルプDボーテ


エンジェルリリアンプラス


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

ルプルプ薬用育毛エッセンス


利尻ヘアエッセンス


アムーラ・アジアン・エッセンス


桑香珠


ローヤルヘアー


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

CA101


ルナレーヴ薬用育毛エッセンスE2


リリィジュ


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

アンジュリン


柑気楼


サントリー フローリッチ


レフィーネ ナノビア


彩花精 薬用育毛剤


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化
総評

リアップリジェンヌ


花王 ブローネ


MUNOAGE スカルプエッセンス


黄金宮

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

比較表の見方

育毛成分の効能は、以下の10つの育毛効果に分けられます。
比較表では、含まれている成分がこの10の効能のうち、どれをカバーしているかをチェックしています。 女性用育毛剤を購入する前に、どんな効能があるのか成分みることで、その商品の価値がわかります。 「詳細へ」ボタンをクリックすると、その女性用育毛剤の成分評価ページへ移動します。

男性ホルモン抑制成分
男性ホルモンが生成する脱毛ホルモンは薄毛や抜け毛の原因になるので、これを抑制する成分が、育毛の役に立ちます。 男性ホルモンは女性の体内にも存在します。

血管拡張成分
血管を拡張する成分は、抹消血管を拡張することで、血行・血流を促進するので、育毛効果をもたらします。

栄養補給成分
頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。

抗脂漏成分
抗脂漏成分とは、頭皮の皮脂を過剰に分泌しない成分のことで、頭皮環境を整えておくことが脱毛予防には効果的です。

保湿成分
頭皮の保湿は、頭皮の表皮に余分なフケ、頭皮の代謝を低下を防ぐので、脱毛予防には効果的です。

消炎成分
頭皮の肌荒れを防ぐことで、かゆみを予防することにもつながります。頭皮にいい消炎成分で、頭皮環境を整えることが育毛には大事です。

頭皮代謝活性化成分
頭皮の代謝を活性化する成分を、外部から与えることで、頭皮環境を改善し、脱毛予防、育毛促進につながります。

抗菌成分
頭皮には何千億も菌が活動しています。頭皮に抗菌成分を与えることで、これらの菌の増殖を抑えて、脱毛を予防します。

角質溶解成分
頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。頭皮を柔らかくすることは、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもよく、脱毛予防につながります。

抗酸化成分
お肌と同じように、頭皮にも皮脂分泌があるので、毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めます。毛穴の酸化や活性酸素を抑制するのが、抗酸化成分です。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「育毛の各効能」の点数の和

「育毛の各効能」の採点法
= 1点
= 0点
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化、の各効能につき、それぞれ0~1点の合計10点満点)

自分の頭皮に合った女性用育毛剤の選び方 ~頭皮の状態で成分を比較評価

女性用育毛剤には、配合成分によって、いろいろなタイプがあります。この中からいいものを1つを選ぶなら、自分の髪と頭皮の状態を知ることが大切です。

自分の頭皮の状態を知っていれば、その対策が可能な成分が入っている女性用育毛剤を選べばいいだけです。



年代別の女性用育毛剤の選び方 ~年代別で成分を比較評価

自分の頭皮の状態から選ぶのは難しいなんて人も多いですよね。そんな方は、年代に合った育毛剤から選んでみるのもいいです。

全員が同じというわけではありませんが、年代ごとに、頭皮の状態の変化は似ている傾向があります。「自分の頭皮の状態がよくわからないけど、とにかく髪や頭皮を綺麗にもどしたい」なんて方は、年代に合わせた育毛剤からはじめてみるのもアリですよ。



きちんと成分評価をしている女性用育毛剤ランキングサイトで選ぶ!

育毛剤(女性)を比較サイトでチェックするなら、育毛剤に含まれる配合成分をきちんと評価しているサイトを使うことが大事です。

育毛剤といっても、配合成分によって、毛根を刺激するタイプ、頭皮を肌荒れを整えるタイプ、栄養を与えるタイプなど、いろいろあるからです。このサイトでも いろんな女性用育毛剤を成分評価しているので、参考にしてみてください。



【育毛剤(女性用)のサイト調べ】
※当サイトでは、女性用の育毛剤の配合成分を化学成分辞書をもとづいて、1つ1つ成分を効能に分類しています。
※掲載している育毛剤(女性用の商品情報に関しましては、リンク先の女性育毛剤販売店及びサービス会社のサイトにてご確認下さい。
※育毛剤(女性)は、各女性用育毛剤サービスの使い方・容量をよく守ってお使いください。
※化学研究者によって、効能の見解が分かれることがあります。個人での判断の上、育毛剤(女性用)をご活用下さい。


※育毛剤の効能については、証拠の信頼性には差が生じます。成分辞書や知られてている効果を掲載していますが、たとえば「男性ホルモンによる脱毛を減らす成分」は、一般的な見解が統一されていないの現状です。
※薬事法の関係で、育毛効果について、明確にPRすることはできません。当サイトでの効能は、期待できる効果であることでご留意ください。
※厚生労働省の改正薬事法が2014年より実施されます(平成26年6月12日から、全ての一般用医薬品をインターネット等で購入することができるようになります)一般用医薬品の特定販売の場合、新たなルールで情報提供を適切に行う必要があります。 これにならい、表示に変更が必要な場合は随時修正していく予定です。


※女性用育毛剤の評価ランキングで使用している成分名は、各商品で記載している成分名をそのまま転用しています。消炎成分「グリチルリチン酸ジカリウム」の場合、 別名「甘草エキス」とも呼ばれますが、メーカの表記にあわせています。ただし、別名で記載した場合でも、育毛効果は同じ評価です。
※女性用育毛剤の場合、男性用より植物エキスが多く含まれる傾向があります。植物エキスに関しては、育毛効果は多いですが、それぞれの効果は特許成分より劣る傾向が多いです。
※植物エキスの育毛効果にが多い場合、比較的認知されている育毛効果のいくつか(最大でも3つ程度)を評価しています。

※女性用育毛剤の成分の効能については、できるだけ正確に評価していますが、記載間違いがある場合は修正していきます。
※育毛効果成分については、育毛剤メーカーが研究し、新成分も日々誕生しているので、変化があり次第、当サイトには反映していきます。
※育毛効果成分は、最新の研究成果に基づいて記載しますが、効能の評価に変化があった場合は変更されます。
※成分の効能を変更した場合は、女性用育毛剤のランキングも変更される可能性があります。




女性の髪と抜け毛対策の疑問を解決!

女性の髪、女性の育毛の知識を中心に紹介しています。髪や育毛の仕組みを知れば、自分の髪の状態もよくわかります。 自分の髪の状態というのは、髪と頭皮の2つです。年代ごとによっても、その人の個性によっても、髪も頭皮も状態は違いますよ。

女性の髪と育毛の知識
女性の薄毛・抜け毛を防ぐ方法


女性用育毛剤や配合成分の疑問を解決!「効果のある育毛剤成分」を徹底的に解説します!

女性用育毛剤の特徴や配合成分について紹介ています。たくさんある女性用育毛剤の中からどれを選んでいいかがわかります。





女性の毛量と育毛の疑問を解決!女性の育毛剤を比較できるようになります

女性の髪と毛量の知識を中心に紹介しています。女性の場合、毛量と毛根の状態をみれば、薄毛・抜毛を防ぐ方法もわかります。髪や育毛の仕組みを知れば、自分の髪と毛根の状態も判断できるようになります。ここでは、女性の髪の役に立つ知識を紹介していきます。


毛量と育毛の知識
  • 女性の髪を守るための育毛の知識

毛量と抜け毛を防ぐ方法

自分に合う女性用育毛剤選び

年代別の女性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

女性用育毛剤の基礎知識

人気の女性用育毛剤の成分評価

女性用育毛剤のレビュー特集

女性の脱毛症の種類

マイナチュレを体験!

人気のマイナチュレを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ
花蘭咲(からんさ)を体験!

人気の育毛剤花蘭咲を使ってみました!

花蘭咲体験レビューはこちら